フォトレポート:両肩に夢を背負って--Thunderbolt製ジェットパックで空を飛ぶ

CNET News.com Staff2008年02月07日 16時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Thunderbolt Aerosystemsが開発した「Thunderpack model TP-R2G2」は、子どもの頃に空想したSF世界のロケットパワージェットパックを最も身近に手に入れることができるかもしれない。現時点での飛行時間は75秒が限界だ。しかし、開発者はさらなる研究開発によって、森林火災の対応や通勤などの解決策になることを期待している。前モデルのR1G2は災害緊急救助用としてある企業に販売したという。最新モデルであるTP-R2G2は、約10万ドルで2008年夏から発売される。
Scroll Right Scroll Left

 Thunderbolt Aerosystemsが開発した「Thunderpack model TP-R2G2」は、子どもの頃に空想したSF世界のロケットパワージェットパックを最も身近に手に入れることができるかもしれない。現時点での飛行時間は75秒が限界だ。しかし、開発者はさらなる研究開発によって、森林火災の対応や通勤などの解決策になることを期待している。前モデルのR1G2は災害緊急救助用としてある企業に販売したという。最新モデルであるTP-R2G2は、約10万ドルで2008年夏から発売される。

提供:Thunderbolt Aerosystems

 Thunderbolt Aerosystemsが開発した「Thunderpack model TP-R2G2」は、子どもの頃に空想したSF世界のロケットパワージェットパックを最も身近に手に入れることができるかもしれない。現時点での飛行時間は75秒が限界だ。しかし、開発者はさらなる研究開発によって、森林火災の対応や通勤などの解決策になることを期待している。前モデルのR1G2は災害緊急救助用としてある企業に販売したという。最新モデルであるTP-R2G2は、約10万ドルで2008年夏から発売される。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加