logo

HDMI含む豊富な入力端子を搭載--日立から2機種のAV液晶モニタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立リビングサプライは、ワイド19型WXGA+のと17型SXGA対応の液晶パネルを採用し、多彩な映像入力端子を搭載したAV液晶モニタ「19LM-W1」、「17LM-1」を3月下旬から順次発売する。

 チューナーは非搭載だが、PC入力のほか、ビデオ入力、コンポーネン入力、HDMI入力(19型のみ)を備え、充実した入力端子を持つことが特徴。これにより、すでにデジタルチューナーを所有しているユーザーや、CATV会社との契約によりチューナーを内蔵したセットトップボックスを使用するユーザーなど、デジタルAV機器やPCの多様なニーズに対応する。

 動画応答速度は5msと高速で、ゲームモニタとしても利用が可能。別売の壁掛け金具を用いれば、壁掛けモニタとして利用することもできる。

  • 19LM-W1(19型 店頭想定売価:6万円前後 4月上旬発売)
  • 17LM-1(17型 店頭想定売価:5万5000円前後 3月下旬発売)
日立リビングサプライ「19LM-W1」(左)、「17LM-1」(右) 日立リビングサプライ「19LM-W1」(左)、「17LM-1」(右)

-PR-企画特集