ケンウッド、高音質録音ができる携帯オーディオ「Media Keg」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケンウッド(塩畑一男社長)は1月30日、高音質録音機能を搭載したデジタルオーディオレコーダー「Media Keg MGR-A7」を2月上旬に発売すると発表した。カラーはブラックとレッドの2色。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

 3マイクの搭載による3モード録音や最適な録音レベルを自動設定する機能を装備する携帯オーディオ。録りたい音をピンポイントで録音可能な「モノラル録音」、左右に広がりのある音楽録音に最適な「ステレオ2マイク録音」、自然なステレオ音場の中で、特にセンターエリアの集音性を高めた「ステレオ3マイク録音」から選択することができる。

 また、マイク部に不要振動を低減するインシュレーターを設置し、マイク・ハウジングを本体基盤から分離する「フローティングマイク構造」を採用。キー操作時のノイズ侵入を防ぎ、自然で高精度な録音を実現する。

 2GBの内蔵メモリに加え、SDHC規格対応のSDカードスロットを搭載。マイク録音時に信号入力レベルを自動調整する「オート・ゲイン・コントロール」に加え、レベル測定の結果から音源に最適な録音レベルを設定できる「オート・レベル・セッティング」を採用。自分好みの録音レベルが設定できる「マニュアル・レベル・セッティング」にも対応する。

 このほか、録音した年月日や時刻が自動でファイル名として記録できる「タイムスタンプ」、音声入力を検出して自動的に録音を開始する「シンクロ録音」などを搭載。録音フォーマットはWMA形式のほか、オーディオCDクオリティのリニア PCM録音にも対応。44.1kHz/48kHz、16bitの高音質録音で、細かいニュアンスも鮮明に録音できる。

 再生面では、電源部のノイズ影響を回避し、歪みの少ないクリアな音楽再生を実現する「クリアデジタルアンプ」や、MP3形式などの音楽ファイルで圧縮の際に失われる高音域を補間する「Supreme(サプリーム)」など、独自の高音質技術を採用。再生可能な音楽ファイルはMP3/WMA/WAV。 Windows Media Technologiesのデジタル著作権管理機能(DRM9)にも対応する。対応OSはWindows Vista、XP。本体サイズはおよそ幅52.7×高さ100×奥行き18mm、重さは約95g。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加