フラッシュメモリにフルHD記録も--キヤノン用途で選べるビデオカメラ5機種をラインアップ

エースラッシュ 加納恵(編集部)2008年01月29日 21時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは1月29日、同社初のフルハイビジョン撮影モデルを含むデジタルビデオカメラ5機種を3月上旬から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 発売されるのは、「iVIS HF10」、「iVIS HF100」、「iVIS HV30」のハイビジョンビデオカメラ3機種と、デジタルビデオカメラ「iVIS FS10」、DVDビデオカメラ「iVIS DC300」のの2機種、合計5機種となる。

 ハイビジョンカメラはいずれも光学式手ぶれ補正機能を搭載し、安定した高画質撮影をサポートする。

 HF10は、記録メディアに16GバイトフラッシュメモリとSD/SDHCカードを採用した「ダブルメモリー」モデル。HF100はSD/SDHCカードを採用したメモリーカードモデルとなる。両機種ともに小型メディアを採用することで、約380gのコンパクトボディを実現するとともに、メカレスならではの約1秒というハイスピード起動が可能だ。

 動画だけでなく静止画も楽しめるのが特徴で、16:9モード時には2メガの、4:3モード時には3.1メガの静止画撮影が行える。また、撮影した動画から静止画を切り取る「あとからフォト」機能も内蔵している。

  HV30は記録媒体にミニDVテープを採用したモデルだ。シネマモード、プログレッシブ撮影などに対応したほか、ストレオマイク等のアクセサリも充実している。

「iVIS HF10」(左)、「iVIS HF100」(右) 「iVIS HF10」(左)、「iVIS HF100」(右)
  • iVIS HF10(店頭想定売価:13万円前後 3月上旬発売)
  • iVIS HF100(店頭想定売価:11万円前後 3月中旬発売)
  • iVIS HV30(店頭想定売価:11万円前後 3月上旬発売)

 スタンダード画質モデルは、iVIS FS10と、DVDビデオカメラのiVIS DC300の2機種をラインアップ。ともに光学37倍ズームを備える。

 iVIS FS10は記録メディアに8GバイトのフラッシュメモリとSD/SDHCカードを採用したダブルメモリーモデル。本体重量は約260g、付属ソフトウェアを利用しての編集やアルバム整理などが簡単に楽しめる。

 DC300は扱いやすいDVDに記録するDVDカム。片面2層記録にも対応し、同梱バッテリで約60分の長時間撮影が行える。

「iVIS FS10」(左)、「iVIS DC300」(右) 「iVIS FS10」(左)、「iVIS DC300」(右)
  • iVIS FS10(店頭想定売価:8万円前後 4月下旬発売)
  • iVIS DC300(店頭想定売価:5万円前後 3月上旬発売)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加