フルハイビジョンムービーの新基準へ--ビクター「Everio GZ-HD6」に1080/60p出力を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビクターは、1月29日にフルハイビジョンHDDムービー「Everio GZ-HD6」と「Everio GZ-HD5」の2機種を発売することを発表した。価格はオープンだが、店頭想定売価は、GZ-HD6が17万円前後、GZ-HD5が15万円前後。2月中旬より順次発売される。

 Everio GZ-HD6は、世界初となる1920×1080/60p出力を実現。映像入力、出力ともにプログレッシブ信号処理を施した「W倍密」により、高精細1920フルハイビジョン映像で記録する。

 従来のインターレース映像に比べ、緩やかな動きの映像で目立っていたジャギーやボケを軽減し、斜め方向の輪郭も滑らかで自然な映像で表現する。

 次世代の国際色標準規格である「x.v.Color」に対応し、自然界の色により忠実な色を映し出す。

 サイズは、前モデルであるGZ-HD7と比べて約40%の小型化に成功。スタンダードモデルのGZ-MG330とまではいかないものの、それに近いサイズで、取り扱いしやすくなっている。

 HDD容量は、120Gバイトと倍増。最高画質で撮影しても約10時間撮影が可能。新搭載したLPモードで撮影すれば約24時間の長時間保存ができる。

 専用DVDライターを使えば、PCレスでDVDに保存ができる。もちろん、ハイビジョン画質のままでの保存だ。

Everio GZ-HD6 ビクター「Everio GZ-HD6」

 GZ-HD5は、1920×1080のインターレース記録となるが、さらに小型化を実現。前モデルの約45%のサイズダウンで、HDD容量は60Gバイトと「GZ-HD6」の半分となっている。カラーバリエーションは、シルバーとブラックの2種類を用意。

Everio GZ-HD5 ビクター「Everio GZ-HD5」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加