NTTドコモら、3月1日よりイオン約1万1000店舗に電子マネーを導入

松田真理(マイカ)2008年01月28日 21時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イオン、NTTドコモ、JR東日本およびJR西日本の4社は3月1日より、テナントを含むイオンのショッピングセンター約1万1000店舗で電子マネーが利用できるようにすると発表した。

 これにより、電子マネーが利用できる店舗数は、イオンの「WAON」が全国約2万4000店舗、NTTドコモの「iD」が全国約2万2000店舗、JR東日本の「Suica」が関東甲信越、東北、中部エリアの約1万3000店舗、JR西日本の「ICOCA」が近畿、山陽エリアの約5300店舗になる。

 今後4社は、電子マネーの普及と利用促進を図り、顧客の利便性向上のために取り組むとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加