富士通「FMV」の疑問はおまかせ--PCサポートを提供するコンタクトセンターシステムを構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通とSAPジャパンは1月28日、富士通の個人向けPC「FMVシリーズ」に関する、購入相談から技術相談、修理サービスなどの広範囲なサポートを行うコンタクトセンターとして、コンタクトセンターシステムを構築したと発表した。SAPジャパンによると、国内の製造業では最大級の規模という。

 本システムは、富士通のIPテレフォニーシステム「CL5000」をはじめとする製品・サービスと、SAPの顧客管理アプリケーション「SAP Customer Relationship Management」を融合した、1400席のコンタクトセンターシステム。

 富士通とSAPは、グローバルパートナーとしてソリューション提供を推進しており、今回のシステムも、富士通の企画から構築、運用・サポートまでをワンストップで提供するトータルソリューション提供力と、世界のCRM市場で第一位のシェア(ガートナー調べ)をもつSAPの実績と製品技術力により実現した。

 これにより富士通は、個人向けPCの購入から技術相談、修理サービスまでのライフサイクル全般にわたり、さらに質の高いサポートを提供していくと説明する。

 また、分析・レポートツール「SAP NetWeaver Business Intelligence」を導入することで、センターの指標管理の効率化と業務改善に活用するとともに、ユーザーの貴重な意見をサービスや商品、PCビジネスの戦略立案、経営判断に役立てていくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加