logo

CBS、無料ストリーミング音楽サービスLast.fmの成功をさっそく喧伝

文:Caroline McCarthy(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年01月28日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 広告で収入をまかなうLast.fmのストリーミング音楽サービス。同サービスを始めたばかりのCBS Interactiveが、すでに成功を喧伝し始めている。

 CBSの米国時間1月25日付けの声明によると、新サービスが発表された23日水曜日のLast.fmのユニークリスナー数は前週の水曜日より85%ほど増えたという。CBSはこれが1日限りの現象ではないとして、翌24日木曜日は前の週の木曜より80%ほど多くのユニークリスナーが同サービスを利用したと述べている。

 Last.fmはこれまで音楽クリップをストリーミング形式で提供してきたが、そのほとんどは長さ30秒のものだった。しかし、Last.fmが音楽レーベル4社との契約に成功したおかげで、ユーザーは現在、3回まで楽曲を無料でストリーミングできる。3回ストリーミングした後、ユーザーは複数のデジタル音楽ストアから購入できる。

 Last.fmへの実際のトラフィックはさほど増えていない。CBSによると、同時期のユニークビジター数、ページビュー数はそれぞれ27%、45%ずつ増加したという。このことから、既存のLast.fmのビジターたちは、新しい音楽サービスを利用し始めているが、ユーザー数そのものが劇的に増えているわけではないことが分かる。もっとも、CBSにとっては早い段階で成功を強調することは重要だ。広告ベースの音楽ストリーミングはPtoPネットワーク上の著作権侵害行為やiTunes独占体制に立ち向かうための答えだと考えられたが、SpiralFrogのような新興企業がサービス公開直後からつまずいたことから、こうした期待感は後退していた。

 CBSの幹部たちは、メディア大手ならではの影響力が、無料音楽ストリーミングを成功させる秘訣と指摘し、楽観視している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集