AT&T、一部ブロードバンド加入者に無料のWi-Fi接続を提供へ

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年01月24日 13時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AT&Tは米国時間1月23日、間もなくブロードバンド加入者に対して、同社の無線LANスポットに無料で無制限にWi-Fiアクセスが可能になるサービスや、新たに高速化された10Mbps帯域でのサービス提供を開始すると発表した。

 無料のWi-Fiは、ダウンロード速度が1.5Mbps以上となる、AT&Tのブロードバンド加入者に対して提供される。AT&Tの携帯電話サービスのみに加入している人に対しては、無料のWi-Fiサービスは適用されない。

 これはつまり、米国内ではAT&Tのネットワークで独占的に販売されている、Wi-Fiが内蔵されたiPhoneのユーザーにとって、運良くAT&Tのブロードバンド提供エリア内に住んでおり、そのサービスに加入している場合にのみ、無料のWi-Fi提供の恩恵にあずかれるということを意味している。

 AT&Tは現在、空港、McDonald'sのレストラン、Barnes & Nobleの書店、喫茶店、スポーツスタジアムなど、米国内の1万カ所以上でWi-Fiホットスポットを提供している。すでに2007年から、AT&Tは、もっと高速のブロードバンド利用者に対しては、無料のWi-Fiアクセスを提供していた。

 今回のAT&Tの動きは、ブロードバンドサービスと携帯電話サービスをセットで利用するよう、加入者を誘い込むための手段とも考えられる。あるいは、8000以上のWi-Fiホットスポットへのアクセスを加入者に提供しているT-Mobileなど、他の携帯電話サービスプロバイダーに対抗しようとしているのかもしれない。T-Mobileは、自宅にいる間、Wi-Fiと携帯電話ネットワークを自由に切り替えられるサービスも、顧客に対して提供している。

 また、AT&Tは、新たに「U-verse」利用者向けに、ダウンロード速度が10Mbps、アップロード速度が1.5Mbpsとなる、より高速帯域でのサービス追加も発表した。U-verseは、家庭用インターネット接続環境で、テレビとブロードバンドを同時に配信可能にする、新しくAT&Tがアップグレードしたネットワークである。「U-verse TV」サービスにバンドルして提供される、この新しい高速ブロードバンドサービスの価格は、月額55ドルとなる。このサービスの加入者も、無料のWi-Fiアクセス利用条件を満たしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加