logo

ソフマップ、最新CPU搭載のオリジナルPC「牛丼」「バーガー」の新モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフマップ(野口進社長)は1月22日、最新のインテル製デュアルコアCPUを搭載したオリジナルデスクトップPC「牛丼パソコン」「バーガーパソコン」の新モデル5機種を、1月下旬から順次発売すると発表した。

 ラインアップはOS非搭載の「牛丼シリーズ」は「特盛」1機種、OSを搭載する「バーガーシリーズ」は「テリヤキ/フライドXP/フライドVista/メガ」の4機種。全機種にキーボードとマウス、スピーカーが付属する。なお、ディスプレイは別売り。

 「牛丼シリーズ」の「特盛 SP-IE8208A」は、CPUにCore 2 Duo E8200(2.66GHz)、メモリ1GB、HDD320GB、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、価格は7万9800円。発売日は2月上旬。

 「バーガーシリーズ」では、OSに「テリヤキ SPR-IE82XH08A」「フライドXP SPR-IE82GXH08A」はWindows XP Home Editionを、「フライドVista SPR-IE82GVU08A」「メガ SPR-IE85GVU08A」はWindows Vista Ultimateを搭載する。

 また「テリヤキ」「フライドXP」「フライドVista」は、CPUにCore 2 Duo E8200(2.66GHz)、メモリ1GB、HDD320GB、DVDスーパーマルチドライブを搭載。加えて「フライドXP」「フライドVista」はグラフィックボード「NVIDIA GeForce 8600GT」を装備する。価格は、「テリヤキ」が8万9800円、「フライドXP」が10万9800円、「フライドVista」に11万9800円。発売日は3機種とも1月下旬。

 「メガ」は、インテル製P35 Expressチップセットを採用し、CPUにCore 2 Duo E8500(3.16GHz)、グラフィックボードにNVIDIA GeForce 8800GT、メモリ2GB、HDD500GB、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。価格は15万9800円。発売日は2月中旬。

-PR-企画特集