logo

ソニー、80〜20000Hzの広音域録音が可能なICレコーダー

エースラッシュ2008年01月22日 20時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月22日、広音域録音が可能なICレコーダー「ICD-SX88」と「ICD-SX78」の2機種を2月21日に発売すると発表した。

ソニー「ICD-SX88/SX78 ソニー「ICD-SX88/SX78」

 ICD-SX88とICD-SX78は、80〜20000Hzの音域を録音可能とした広音域録音対応のICレコーダーだ。これによってCD並みの高音質録音が可能となり、会議等の録音だけでなく、楽器演奏等の録音でも使用できる。

 メモリ容量はICD-SX88が2Gバイト、ICD-SX78が1Gバイト。電源は単4型ニッケル水素充電池が付属しており、充電はUSB経由で行える。録音形式はLPECで、録音ファイルの再生や変換からCD作成までを行うことができるソフトウェア「Digital Voice Editor Ver.3.1」が付属する。

 価格はいずれもオープン価格だが、店頭想定売価はICD-SX88が2万5000円前後、ICD-SX78が2万円前後。カラーバリエーションとしてシルバーのブラックの2色を揃える。

-PR-企画特集