logo

エムピオ、携帯オーディオ「MG200」の白モデル、SD・SDHCカード対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エムピオ・ジャパンは1月18日、フラッシュメモリタイプの携帯オーディオ「MG200」シリーズで、カラーが白色のモデルを、1月24日より順次発売すると発表した。同社のオンラインショップ「mpio DIRECT」などで販売する。

 動画・静止画再生に対応し、SDカードとSDHCカードによるメモリ増設も行える携帯オーディオ。1.5インチ有機ELディスプレイを採用、アイコンメニューによる簡単操作で多彩な機能を切り替えられる。

 同梱の変換ソフト「MTV Video Converter」で動画ファイルを独自形式の「mtv」ファイルへの変換が行え、avi、mpg、vob、wmv、asfの動画を再生できる。また、 DivXやXviD、WMV9などのMPEG4動画も変換可能。JPEG形式の静止画や、TXTファイルのテキスト表示にも対応する。

 このほか、内蔵マイクによるADPCM WAV形式のボイスレコーディング機能のほか、VOR(音声感知機能)による録音調整機能も装備。世界中で使用できるFMチューナーを搭載し、FMラジオの録音も可能。

 対応音楽フォーマットはMP3とWMAで、Windows Media DRM 10にも対応する。充電はパソコンのUSBポートで行い、充電時間は約2時間。サイズは幅39.1×高さ85.6×奥行き10.8mm、重さは42g。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、1GBが7980円前後、2GBが9980円前後、4GBが1万2980円前後の見込み。

-PR-企画特集