logo

「Office Excel」に脆弱性--MS、セキュリティ勧告で報告

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年01月17日 10時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間1月15日午後、同社の「Office Excel」の中の、脆弱性があるバージョンが攻撃者の対象になっているとする、セキュリティ勧告を発表した。

 勧告は、このセキュリティ脆弱性により影響を受ける製品として「Microsoft Office Excel 2003 Service Pack 2」「Excel Viewer 2003」「Excel 2002」「Excel 2000」および「Microsoft Excel 2004 for Mac」を挙げている。

 メールに添付された悪質なファイルを開く、または、悪質なウェブサイトを閲覧するなどした場合、システムが危険にさらされ、リモートコードが勝手に実行される可能性があるという。ユーザーが管理者ユーザーとしての権限を持つことを許可するよう設定されているコンピュータでは、ユーザー権限が少ないコンピュータに比べさらに危険は高まる。

 Microsoftでは、今回のセキュリティの脆弱性について現在も調査中としているが、同社のセキュリティブログでは、攻撃は限られたものであり拡散していない模様である、としている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集