ロックオン、SRIと業務提携--ECオープンソースにマルチ決済システムを標準搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロックオンは1月16日、ソフィアホールディングスの100%子会社であるソフィア総合研究所(以下、SRI)と、業務提携を締結したと発表した。

 ロックオンは、ECサイト構築システムをオープンソースとして公開した「EC-CUBE」を開発。一方のSRIは、ウェブ上に点在するさまざまな決済手段の管理を1つにまとめる「マルチ決済システム」を提供している。

 このたびの業務提携は、マルチ決済システムのEC−CUBE標準搭載を目的としている。また、Eコマースサイトのオーダーメイド開発、成果報酬型の販促支援、セキュリティの高いデータセンター内でのサーバ保守・運用にも対応。専門的な知識を持った開発者、ネットワーク技術者が必要な中規模、大規模サイトの構築、運営に関するソリューションのご提供が可能となる。

 ロックオンでは、この業務提携により、クレジットカード決済やコンビニ決済、Cyber EdyやMobileEdy決済など、EC-CUBEで利用できる決済が増加するとしている。また、EC-CUBEを利用することにより、開発者の決済組み込み工数の省略が可能になるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加