松下が32GバイトのSDメモリカードを開発、2008年春に販売

永井美智子(編集部)2008年01月07日 06時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は32GバイトのSDメモリカードを開発した。フルHDの映像が5時間20分保存可能という。2008年春に発売予定だ。

32GバイトのSDメモリカード 松下が開発した32GバイトのSDメモリカード

 SDメモリカードの上位規格である「SDHC」に対応する。転送速度が6Mbps以上という「Class 6」製品で、転送速度は最大20Mbpsという。

 1440×1080iのHD映像であれば8時間、1920×1080iのフルHD映像であれば5時間20分保存できる。SDメモリカードの表面に文字を書き込めるようにし、ユーザーが何を記録したかを見分けやすいようにした。

 1月7日(米国時間)より開催される米家電展示会のCES 2008にて展示する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加