logo

ライブドア、2007年の年間検索ランキングを発表--「YouTube」「ニコニコ動画」が躍進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブドアは12月12日、ポータルサイト「livedoor」で提供する検索サービス「livedoor検索」のウェブページ検索データをもとに、2007年の「年間検索キーワードランキング」を発表した。

 同ランキングは、1月1日から12月7日にかけて、ウェブページ検索で入力されたキーワードの検索回数を集計してランキング化したもので、「総合ランキング」と「時事ランキング」の2種類が発表された。

 総合ランキングでは、「YouTube」が「Yahoo!」「mixi」に続き3位にランクインしたほか、「ニコニコ動画」が10位に入るなど、動画共有サイトが大きく躍進した。また、診断系ジョークサイト「脳内メーカー」が14位にランクインした。

 時事ランキングでは、「学校裏サイト」が1位を獲得、安倍首相の辞任での「政権交代」が2位、ニコニコ動画で人気を呼んだ「初音ミク」が9位にランクインした。ブームとなったエクササイズプログラム「ビリーズブートキャンプ」は16位、経営破綻した英会話学校「NOVA」は18位に入った。

 ランキングの詳細は以下のとおり。

2007年検索キーワードランキング(総合ランキングトップ20)
順位キーワード
1位Yahoo
2位mixi
3位YouTube
4位2ちゃんねる
5位google
6位goo
7位楽天
8位ニコニコ動画
9位動画
10位画像
11位アミーゴ
12位msn
13位amazon
14位脳内メーカー
15位ゲーム
16位地図
17位ハンゲーム
18位オークション
19位infoseek
20位ブログ
2007年検索キーワードランキング(時事トップ20)
順位キーワード
1位学校裏サイト
2位政権交代
3位高校野球
4位朝鮮日報
5位株価
6位朝日新聞
7位任天堂
8位移籍情報
9位初音ミク
10位高峯駆
11位中国
12位ラニーニャ現象
13位吉野家
14位セカンドライフ
15位防衛省公認メイドカフェ
16位ビリーズブートキャンプ
17位おしりかじり虫
18位NOVA
19位社会保険庁
20位参議院選挙

-PR-企画特集