logo

冬のボーナスシーズン到来--ボーナスで買いたい情報家電は何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月21日、日本経団連から発表された報告によると、年末の大手企業のボーナスは総平均89万7000円になるそうです(2007年末賞与・一時金 大手企業業種別妥協状況より)。前年から少額アップした今年のボーナス、みなさんは一体何にお金を使うのでしょうか。

 夏以降、ハイビジョンテレビやレコーダーなど、ボーナス商戦に向けて各社から新製品が続々と投入されました。ふだんは少し手を出しにくい高価格帯の家電製品も、ボーナスを機に購入に踏み切る方もいるかもしれません。

 そこで今回は、ボーナス商戦で人気の家電は何かというテーマで、5つの質問をアンケート調査しました。冬のボーナス商戦をにぎわす売れ筋商品は何か。まず最初の質問は、ボーナスのうち買い物に充てる予算はいくらかを尋ねてみました。

●今年の冬のボーナスのうち、買い物予算はいくら?(択一)

1 ボーナスをもらう予定はない 39.3%
2 3万円まで 22.4%
3 6万円以上〜10万円未満 12.2%
4 3万円以上〜6万円未満 10.2%
5 10万円以上〜15万円未満 6.1%
6 15万円以上〜30万円未満 5.7%
7 30万円以上〜60万円未満 2.5%
8 60万円以上〜100万円未満 1.2%
9 100万円以上〜 0.4%

NetMileリサーチに登録した全国1000人の男女(男性500人、女性500人)に12月5〜6日に調査。

 「ボーナスをもらう予定はない」(39.3%)との回答が最も多く、約4割に達しました。モニターを均等割り付けしているため、専業主婦の方などの割合も少なくないのですが、冒頭の経団連の発表とは裏腹に、低迷気味の景気を象徴するような結果です。残りの約6割が「ボーナスで買い物をする予定のある人」ということになりますが、ボーナスで「100万円以上」(0.4%)の買い物をする方が4人もいることには驚きです。

 概括すると、「ボーナスをもらう予定はない」人が約40%、「10万円未満」の買い物をする人が約45%、「10万円以上」の高額な買い物をする人が約15%となります。つまり、ボーナスで買い物をする人は約6割で、その大半が10万円未満の予算だということがわかりました。

 次の質問は、ボーナスの用途についてです。「ボーナスをもらう予定はない」と回答した方も含め、この冬の主なお金の使い道についてうかがいました。

●この冬のボーナスで買いたいもの(主なお金の使い道)は何?(複数選択可)

1 貯金 35.7%
2 デジタル家電(テレビやPC、ゲーム機など) 31.6%
3 ファッション(洋服や時計など) 30.0%
4 レジャー(旅行や食事など) 29.8%
5 ローンの返済 14.5%
6 投資(株式や投信など) 6.6%
7 その他 6.3%
8 白物家電(冷蔵庫や洗濯機など) 5.8%
9 インテリア家具(ソファーやテーブルなど) 5.4%
10 自動車・バイク 2.3%

 この冬のお金の使い方は、「貯金」(35.7%)をするという回答が最多の票を集めました。原油の値上がりなど、家計を逼迫する最近の経済状況が影響しているのでしょう。

 貯金以外の使い道では、「デジタル家電(テレビやPC、ゲーム機など)」(31.6%)がトップです。ほぼ同数で「ファッション(洋服や時計など)」(30.0%)と「レジャー(旅行や食事など)」(29.8%)が続きます。これら貯金以外の上位3項目を見ると、生活必需品というよりは、個人の趣味としての色合いが強いです。つまり、冬のボーナスは趣味への投資に使われるようです。

 なお、「インテリア家具」「自動車・バイク」「投資」といった高価な商品は下位でした。先の質問で、「10万円以上」の買い物をする人は約15%しかいなかったことが反映されているのでしょう。

-PR-企画特集