モトローラ、CEOの退任表明に続きCTOが辞任

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年12月04日 11時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorolaの最高経営責任者(CEO)であるEd Zander氏が退任する計画を表明したわずか数日後、今度は同社の最高技術責任者(CTO)が辞任した。

 Gizmodoは米国時間12月3日、CTOのPadmasree Warrior氏の退任が同日、電子メールで社内全体に伝えられた、と報じた。Motorolaのある関係者は、Warrior氏が同社を退社したことを認めた。同氏の後任には現在最高戦略責任者(CSO)を務めるRich Nottenburg氏が就任すると見られている。

 この関係者は、Warrior氏辞任の発表のタイミングについてコメントを避けた。Motorolaは、2007年の携帯電話販売が不振だったことを受け、CEOのEd Zander氏が年内をもって退任する意向を11月30日に発表したばかりだった。同社はRAZRが好調だったものの、これに続く勢いを継続することができなかった。世界の主要携帯電話メーカーの中でシェアを3位に落としている。

 これは、Motorola Labsと、新たな発想を生み出す新規事業支援のトップであるWarrior氏の責任だろう。Motorolaでは、今回Warrior氏が辞任する以前から、ソフトウェア部門をNottenburg氏の管轄に移すなど、技術部門の改革に取り組んできた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加