logo

メディアプレイヤーか、それともまったく新しいデバイスか--注目集めるデルのZING計画 - (page 2)

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年11月29日 15時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンターテインメント向けのオンラインポータルはこういった戦略のどこかにはまると思われる。しかし、iTunes StoreやRhapsodyとは別に、あるいはZuneストアにあたるものを開設することに意味があるのだろうか?こういったコンテンツ関係すべてをすりあわせるようなことは、まず誰もやりたいとは思わないだろう。そして何と言っても、Dellは何を置いてもまずハードウェアメーカーである。なお、ZINGやzingspot.comに関する今後のDellの計画について、同社からコメントを得ることはできなかった。

 とはいえ、ZINGはかなり優れたテクノロジを開発しており、それをSanDiskのSansa Connect製品にライセンス供与している。それはリアルタイムのオーディオストリーミング用ソフトウェアであり、同ソフトウェアを用いることで、楽曲をオンラインソースから、あるいは他のポータブルデバイスから無線で入手することができる。しかし、SanDiskはコンテンツソースとしてYahooの音楽サービスを利用している。そのため、Dellはこのソフトウェアを用いるデバイスを製造することになれば、自社独自のポータルを作るか、既存のオンラインストアと提携することになるだろう。

 また、ZINGはかなりしゃれた響きのするブランド名であり、Dellが本社を置いているテキサス州ラウンドロックで何を開発していたとしても、新鮮で適切なイメージをもたらしてくれる可能性がある。ZINGブランドは、Dellが今後発売するメディアプレイヤーとしてお目見えすることになるのか、それともまったく新しいデバイスとして登場することになるのだろうか?今後に注目だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]