logo

[レビュー]憧れのSHUREサウンドに手が届く--カナル型ヘッドフォン「SE110」 - (page 3)

エースラッシュ2007年12月03日 18時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHURE
内容:世界的なプロ用音響機器メーカーであるSHUREが、コンシューマ向けのカナル型ヘッドホンとして提供している「SE Models」に待望のエントリーモデル「SE110」が発売なった。そこで今回は、音質と遮音性に定評のあるSHUREが、SE110をどのようなエントリーモデルに仕上げてきたかチェックしてみよう。

フラットな音質を見事に再現

 注目の音質については、SE210と比べて精細さや高音域の再現性が若干劣るように感じるものの、SHURE製ヘッドホンの特徴であるフラットなサウンドが見事に再現されている。両機種の間に2倍近い価格差があることを考えれば、十分過ぎるほどの仕上がりといえるだろう。

  • スタイリッシュデザインのキャリングポーチが付属される

 また、同クラスの他社製品と比較した場合でも、その実力は上位の部類に入る。SE Modelsの中でこそ“エントリーモデル”という位置付けではあるが、ヘッドホン市場全体で見ると極めて高いスペックを備えているのだ。特に“ドンシャリ系よりもフラットな音質が好き”という方には強くお勧めしたい。

  • キャリングポーチには吊り下げ用のカラビナがついている

 このように圧倒的なコストパフォーマンスを発揮するSE110は、SHUREのサウンドに憧れていたけれど予算的に手が届かなかった方や、これから高音質ヘッドホンを使い始めたい方の入門用として最適なモデルといえる。また、SHUREならではのフラットな音質が再現されているので、既に上位モデルを所有している方のサブ機としてもお勧めだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]