モジラ、「Firefox 2.0.0.10」をリリース--3件のセキュリティ脆弱性に対応

文:Robert Vamosi(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2007年11月28日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは米国時間11月26日、「Firefox」のバージョン2.0.0.10をリリースした。今回の更新は影響力の大きいセキュリティ脆弱性3件に対処するものだ。2件は特定のサイトの訪問時に個人情報を盗むために利用可能なクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)攻撃に対処するものであり、1件はメモリ破壊に関するものである。

 更新はすべての現行Firefoxユーザーに配布されている。新規ユーザーは最新のFirefoxのリリースをダウンロードできる。

 CSRFに関する1件目の脆弱性は、window.locationプロパティを設定するタイミングを利用して偽のHTTP Refererヘッダを生成することを可能にするものだ。

 Mozillaでは、Refererヘッダは本来スクリプトが実行されたコンテンツのアドレスを反映するはずだが、「代わりに、リファラには、スクリプトが実行されたウィンドウ(またはフレーム)のアドレスが設定されていた。この脆弱性はそのわずかな違いから生じていた」と指摘している。Mozillaではこの脆弱性を実証した人物としてGregory Fleischer氏の名前を挙げている。

 CSRFに関する2件目の脆弱性はJAR ZIP形式に関するものである。JAR ZIPはウェブサイトが、Javaアーカイブ形式の署名を含むZIPアーカイブにパッケージされたページをウェブサイトが読み込むことを可能にするものだ。

 Mozillaによると、リダイレクトを使うとMozillaのブラウザはJARコンテンツの提供元を正しく解釈できなくなることがBeford.orgのブロガーによって指摘されたという。そのコンテンツが「実際の提供元ではなくリダイレクト先のサイトから提供されているかのように誤認されてしまう。これは、一般に公開されているリダイレクトサービスを利用すれば、アップロードを許可していないサイトに対してもクロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を行うことが可能だった」

 この脆弱性を利用してユーザーのGmailコンタクトリストを盗む方法が示された概念実証コードがすでに存在する。Mozillaではこれを実証したセキュリティ研究者としてJesse Ruderman氏とPetko D. Petkov氏の名前を挙げている。

 3件目の更新はメモリ破壊に関するものであり、Firefoxの安定性を向上するための3件のバグ修正が含まれるとMozillaでは説明している。この場合の問題点は、条件が整えばこうしたメモリクラッシュの一部を利用して任意のコードを実行することが可能だった点である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加