logo

さくらインターネット社長、引責辞任--債務超過の責任をとり

永井美智子(編集部)2007年11月27日 20時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さくらインターネットの代表取締役社長を務めていた笹田亮氏が11月30日付けで辞任する。オンラインゲーム事業の不振により債務超過に陥った責任をとったものだ。

 さくらインターネットはオンラインゲーム「ロード・オブ・ザ・リングス・オンライン アングマールの影」の会員数が想定を大きく下回ったことなどから、2008年3月期中間決算において6億800万円の特別損失を計上し、債務超過に陥った。同社によれば、経営責任を明確にするために、笹田氏から11月30日をもって代表取締役社長を、12月26日をもって取締役を辞任する旨の申し出があり、これを承認したものという。

 後任には取締役副社長 兼 最高執行責任者(COO)の田中邦裕氏が就任する。田中氏はさくらインターネットの創業者の1人。さくらインターネットは、田中氏が1996年に創業したさくらインターネット(その後、同氏が設立した有限会社インフォレストに事業移管)と、笹田氏が1997年に創業したエス・アール・エス有限会社の共同出資により設立された会社だ。2005年10月に東京証券取引所マザーズ市場に上場している。

-PR-企画特集