ネットいじめを禁じる市の法律を制定--米国ミズーリ州で

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2007年11月27日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ティーンエージャーの少女の自殺につながったMySpace.comでのいじめに対する批判が続く中で、ミズーリ州のダーデンヌプレーリー市はオンラインの嫌がらせを禁じる法律を通過させた。

 これは禁固90日または罰金500ドルの軽罪にすぎないが、この法律は特に2006年にMeierさんが亡くなる直前に受けていたようなオンラインのいじめを対象としている。

 Pam Fogarty市長は「ダーデンヌプレーリーでこのような法律を制定することによって、いかなる場所でも2度とこうした嫌がらせ行為が発生しないように当市としての責務を果たしたいと願っている」とSt. Louis Post Dispatchの記事で語っている。「結局、どのような手段を使っても嫌がらせは嫌がらせでしかない」(Fogarty市長)

 筆者の元の記事やその他の記事を読んでいない読者のために補足すると、MeierさんはMySpaceで出会った「Josh」という人物から絶交されたのちに自殺した。彼女はJoshが同じ地域に住む同世代の男の子だと信じていた。しかし実はMeierさんの近所に住む元友人の親などの大人たちによって作られた架空の人物だったと、その元友人の親は警察の調べに対して語っている

 感謝祭の週末にはMeierさんの母親の呼びかけの下、地域住民がろうそくをともし、夜を徹してMeierさんのために祈った。

 地域住民のこの件に対する反応については、P. J. Huffstutter記者が執筆したLos Angeles Timesの記事を読んでいただきたい。筆者とHuffstutter記者はオレンジカウンティ時代から10年来の知り合いである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加