logo

「MacBook」でハードドライブ問題--アップルは調査中

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年11月27日 11時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、一部の「MacBook」で発生したデータ損失の原因が、Seagate製ハードドライブの不具合にあったかを調査している。

 データ復旧を専門とする英国企業Retrodataは2007年に入って、MacBookで使用される一部の2.5インチSeagate製ドライブに製造上の不具合があると報告していた。この不具合により、ドライブヘッドがドライブ表面をこすってしまい、大きな問題の原因となっていた。この問題についてInformationWeekがAppleに取材しており、Apple関係者は、「消費者向けノートPCのMacBookの一部でハードドライブに問題が発生している可能性について、報告を受けており調査中だ」と述べた。この関係者に対して、Appleが調査中なのはRetrodataが指摘する特定の問題なのか、MacBookハードドライブ問題一般なのかを電子メールで問い合わせたが、回答は得られなかった。

 自分が所有するMacBookに問題のドライブが搭載されているかを知るには、System Profilerでファームウェアのリビジョン番号を確認すればよい。もし、7.01なら、データのバックアップを取っておくこと、そして、ドライブの交換を考えることをRetrodataでは勧めている。Appleだけが問題のSeagate製2.5インチドライブをノートPCに使用しているのかは不明だが、Retrodataによると、同様の問題は他のドライブでは発生していないという。また、AppleがMacBookで何種類のSeagate製ハードドライブを使用しているかも明らかになっていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集