logo

サンワサプライのワイヤレスマウス、MR-S光学エンジン搭載で読み取り効率をアップ

エースラッシュ2007年11月22日 21時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンワサプライは11月22日、MR-S光学エンジン搭載のワイヤレスマウス「MA-WH101シリーズ」および「MA-WH103シリーズ」を発売した。

MA-WH101

 今回発売されたMA-WH101シリーズはモバイル用途向けの小型サイズ、MA-WH103シリーズは中型サイズのワイヤレスマウスだ。通信方式は、USB接続したレシーバーとの2.4GHzデジタルワイヤレス通信を採用している。

 MA-WH101シリーズのカラーバリエーションはピアノブラック、ダークシルバー、シルバー、ピアノホワイトの4種類で、MA-WH103シリーズはダークシルバー、シルバー、ピアノホワイトの3種類。合計7モデルの発売となる。

 いずれもMR-Sレンズを組み込むことによりセンサーに対して垂直にLEDを照射、読み取り効率が良くなる仕組みを採用している。分解能はインチあたり800カウントで、レシーバは本体裏面にマグネットで固定収納が可能だ。価格はともに5775円となっている。

-PR-企画特集