リアルな3Dサラウンド再生が可能--ロジテックからBluetooth対応ヘッドホン

エースラッシュ2007年11月14日 19時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジテックは11月14日、Bluetooth接続で3Dサラウンド再生が行えるヘッドホン「LBT-HP110C2シリーズ」を11月中旬に発売すると発表した。

 LBT-HP110C2シリーズは、イヤークリップ式のBloetooth2.0に対応したヘッドホンだ。Wolfson Microelectronicsの「Sonaptic3Dポジショナルオーディオテクノロジー」を採用したことで、臨場感のある3Dサラウンドを楽しむことができる。

 また、高音部や低音部を強調する再生モードを搭載し、好みに合わせたカスタマイズ再生にも対応。約10時間の連続再生が行える。電源は内蔵充電池で、USB経由またはAC電源での充電が可能だ。

 音楽データの不正コピーを防止する著作権保護機能「SCMC-T」に対応しており、携帯電話等での利用も可能。また、スピーカー部には小型マイクも内蔵しているため、携帯電話やパソコンでの通話に利用することもできる。

 ペアリングは音楽用、通話用と2台の機器で行え、本体のボタン操作で機器の切り替えるができる。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色を用意する。価格はオープン。

LBT-HP110C2B ロジテック「LBT-HP110C2BK」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加