logo

フォトレポート:大バーストしたホームズ彗星に「尾」が出現

文:CNET News.com Staff(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、福岡洋一2007年11月09日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 10月24日、ホームズ彗星は増光(アウトバースト)を起こしてごく短い間に元の約40万倍という明るさに達し、観測者たちを驚かせた。それまでは高倍率の望遠鏡でようやく観測できる小さな点に過ぎなかったホームズ彗星は、このアウトバーストによって肉眼でも容易に確認できる緑色の輝く天体となった。そして今度は、青白い「尾」まで出現した。正式には「17P/Holmes」として知られるホームズ彗星は、1892年に発見された
(発見当時の写真は最後のページで紹介する)。科学者たちは、この彗星の突然の変化に驚き、その原因について頭を悩ませている。彗星表面の崩壊が起こったのかもしれないし、小型の天体に衝突した可能性もある。科学者たちは、あと数週間のうちには大量放出されたガスが散逸し、現在の光度も失われていくと予測している。この彗星には1つ欠けていたものがあった。それは、彗星特有の「尾」だ。しかし、Jack Newton氏は11月5日、観測中にその尾の存在をとらえた。
Scroll Right Scroll Left

 10月24日、ホームズ彗星は増光(アウトバースト)を起こしてごく短い間に元の約40万倍という明るさに達し、観測者たちを驚かせた。それまでは高倍率の望遠鏡でようやく観測できる小さな点に過ぎなかったホームズ彗星は、このアウトバーストによって肉眼でも容易に確認できる緑色の輝く天体となった。そして今度は、青白い「尾」まで出現した。正式には「17P/Holmes」として知られるホームズ彗星は、1892年に発見された
(発見当時の写真は最後のページで紹介する)。科学者たちは、この彗星の突然の変化に驚き、その原因について頭を悩ませている。彗星表面の崩壊が起こったのかもしれないし、小型の天体に衝突した可能性もある。科学者たちは、あと数週間のうちには大量放出されたガスが散逸し、現在の光度も失われていくと予測している。この彗星には1つ欠けていたものがあった。それは、彗星特有の「尾」だ。しかし、Jack Newton氏は11月5日、観測中にその尾の存在をとらえた。

提供:Jack Newton

 10月24日、ホームズ彗星は増光(アウトバースト)を起こしてごく短い間に元の約40万倍という明るさに達し、観測者たちを驚かせた。それまでは高倍率の望遠鏡でようやく観測できる小さな点に過ぎなかったホームズ彗星は、このアウトバーストによって肉眼でも容易に確認できる緑色の輝く天体となった。そして今度は、青白い「尾」まで出現した。正式には「17P/Holmes」として知られるホームズ彗星は、1892年に発見された (発見当時の写真は最後のページで紹介する)。科学者たちは、この彗星の突然の変化に驚き、その原因について頭を悩ませている。彗星表面の崩壊が起こったのかもしれないし、小型の天体に衝突した可能性もある。科学者たちは、あと数週間のうちには大量放出されたガスが散逸し、現在の光度も失われていくと予測している。この彗星には1つ欠けていたものがあった。それは、彗星特有の「尾」だ。しかし、Jack Newton氏は11月5日、観測中にその尾の存在をとらえた。

-PR-企画特集