富士フイルム、ブログ用写真などが簡単に作れるコンパクトデジカメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルム(古森重隆社長)は、コンパクトデジタルカメラ「FinePix Zシリーズ」の新モデル「FinePix Z10fd」を11月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

 同シリーズの特長である「スライド式レンズカバー」を搭載するほか、手になじむラウンド形状とシャープなエッジの組み合わせた「ラウンド&エッジデザイン」を新たに採用。カラーは鮮やかなピンク、オレンジ、ライトグリーン、ブラック」の4色。

 カメラ内で画像をブログ用の大きさにリサイズして保存できる「ブログモード」や、4枚までの画像を組み合わせ1枚の画像として記録可能な「オークションモード」など多彩な撮影モードや、一度に100枚の画像を表示できる「マイクロサムネイル」など、便利な機能を装備。赤外線通信の「IrSimple」「IrSS」にも対応し、携帯電話などの対応機器に手軽に写真を転送できる。

 有効724万画素のCCDと35mmフィルム換算で38−114mm相当の光学3倍ズームレンズを搭載。撮影感度はISO64−1600まで。独自開発の顔検出機能「顔キレイナビ」の技術を活用し、フラッシュ撮影時に発生しやすい赤目を検出して補正する「自動赤目補正機能」も搭載した。画像再生時には、検出した顔の部分を拡大してピントや表情の確認が可能で、人物の顔を中心としたスライドショー再生もできる。

 内蔵メモリは54MBで、外部メモリはxDピクチャカードとSD/SDHCカードに対応する。電源は充電式バッテリー。サイズは幅91.2×高さ56.6×奥行き18.8mm、重さは本体のみで約110g。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加