logo

ドコモ、「全部入り」の本気ケータイ、905iシリーズを発表

永井美智子(編集部)2007年11月01日 15時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモが11月1日、冬商戦向けの905iシリーズと705iシリーズを一気に発表した。純増数で他社に遅れをとる中、905iシリーズを機能「全部入り」とすることで挽回を狙う。

 905iシリーズはすべて海外ローミングに対応し、日本語で話しかければ英語に翻訳するアプリ「しゃべって翻訳」をプリインストールしている。また、10端末中8端末でワンセグの視聴が可能なほか、10Mバイトのiモーションビデオクリップが再生可能だ。

 また、すべてHSDPA対応で下り最大3.6Mbpsの通信が可能。これまでauに遅れていた地図ナビゲーション機能も強化し、場所案内や周辺検索などができる。

 このほか、気象庁の緊急地震速報などを受信する「エリアメール」にも対応する。

 端末はすべてVGA液晶を搭載。コンセプト端末としては、カメラ機能を強化したCyber-shotケータイ「905iCS」や、テレビ機能を強化したVIERAケータイ「P905iTV」、AQUOSケータイ「SH905iTV」がある。

 このほか、通常のブラウザで最大5つのウィンドウが同時に開けるタブブラウザを搭載した「N905i」、縦横それぞれにディスプレイが開く「P905i」、韓国語や中国語を読み取って日本語に翻訳する機能を搭載した「D905i」、ディスプレイ画面を横にしてテレビを見ながらネットサーフィンができる「F905i」、ドルビー技術を採用し高音質を実現した「SH905i」、ジョグダイヤル搭載の「SO905i」、薄さにこだわった「N905iμ」がある。

ドコモ905iシリーズ 905iシリーズのラインアップ

 705iシリーズは下り最大7.2Mbpsの「L705iX」や、世界最薄の「PROSOLID(P705iCL)」「N705iμ」「P705iμ」、ワンセグ最薄の「P705i」などを13機種が揃った。

 デザイン面で注目されるのは家電ブランド「amadana」とのコラボレーションモデル「N705i」と、デザインユニット「TGB design.」とのコラボレーションモデル「P705iμ」。薄型では珍しいストレートタイプの「D705iμ」もある。

705i_lineup.jpg 705iシリーズのラインアップ

-PR-企画特集