logo

「ボードPC」が切り開く、ビジネスPC新時代--ソニー「VAIO type L 15.4型ワイドモデル」 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
VGC-LJ50DB/W
内容:これまで長らく、PCと言えばデスクトップ型とノート型の2パターンしか存在してこなかった。しかしユーザーのニーズの多様化で、タブレットPCが登場したり、リビングPCという概念が生まれたりした。そんな流れの中で登場した「ボードPC」は、リビングだけでなく、ビジネスでのPCの活躍の場を広げてくれる。それはわれわれのワークスタイルに語りかけてくるものだ。

仕事のモードを切り替える、ライフハック的なキーボード

  • スタンドの裏にはサブウーハースピーカーと地上デジタル入力(*)、DC IN(電源入力)が隠れている
    (*)VAIOオーナーメードモデル法人向けカスタマイズモデルで地上デジタルチューナー選択時に搭載

 小さな接地面を実現している理由は、キーボードが折りたたみ式になっているからだ。ノートPCの場合、ディスプレイを折りたたんで持ち運べる形にするが、このボードPCは基本的にデスクの上に設置されるため、キーボード側をディスプレイに立てかけるようにして折りたたむ仕組みになっている。

 キーボードはノートPCと同様、テンキーを省いたフルサイズのキーボードを備えている。キートップがわずかにせり出し、隙間のないようなデザインになっているため、爪のひっかかりも少ない。デスクトップでありながら浅いキータッチは好みが分かれるところだが、ノートPCに慣れているユーザーにとっては違和感のないモノだ。

 キーボードから右手に目を移すと、タッチスライド式のマウスも、キーボードと同じボードの上に備えてある。ノートPCでは通常、キーボードのスペースキーの手前に配置されることが多いが、慣れてしまえば右手で操作をする限りは、キーボードでタイピング中に干渉することなくちょうどよい場所である。

 またマウスを外付けしてもよいが、余計にスペースが必要ない点も、スマートなデスク環境を実現するのに一役買ってくれる。

 さて、キーボードとマウスがまとめられたインターフェースのボードをディスプレイ側にぱたんと閉じると、前に述べた最小の設置面積になる。このコンパクトさは、デスク上での実際の作業では、非常にメリットのあることだ。

 たとえば書類作成はPCで行い、それを紙で出力して校正やイラストのスケッチをする、といった作業パターンの場合、ノートPCを正面に持ってきて作業をしていたら、ノートPCをどかすか、閉じるかしてその上に紙を広げて作業をすることになる。しかしVAIO type L 15.4型ワイドの場合、キーボードをたたむだけでその作業スペースが生まれるのだ。

 キーボードを閉じると手元にスペースが生まれると同時に、隠れていない画面の上半分で動作する「ハーフスキンモード」になる。普段のWindowsの画面は影を潜め、かわりに時計や音楽再生のタイトル表示が、アンビエントなアニメーションを背景にして表示されるのだ。音楽再生は透明フレームの右側にある「クリアタッチボタン」で操作できる。VAIOがジュークボックスのようになる瞬間である。

 PCを使っていないときもいつも通りのPC画面が出ていると、新着メールが気になったり、ウェブサイトのニュースにアクセスするなど、ついついしてしまうものだ。しかし完全にPCではない画面になり、キーボードとマウスが隠されることで、PCを使わない作業により集中できるようになる。

 PCとして使わない時間を演出するハーフスキンモードは、ビジネスの現場に目を移すと、効率的なスペースの使い方と、集中力を高めることもできそうだ。ハーフミラーモードの際に音楽再生する「SoundFLOW」は、気分や時間帯に合わせて自動的に選曲してくれる技術で、仕事の雰囲気を作ってくれるし、タイマー再生などを組み合わせて使うと、ライフハック的な使い勝手が見えてくる。

  • 右サイド。PCカードスロット、Express Cardスロット、メモリースティックスロット、SDカードスロット、ヘッドホン出力、無線LANインジケータが並ぶ

  • 正面。キーボードの裏側も光沢感があり、キレイだ

  • キーボードをおろすと、ディスプレイがすべて現れる

  • キーボードはノートPC風。爪がひっかからないようにキートップからエッジが伸びる

  • マウスはスライドパッドが採用されている

  • 電源ボタンとともに、ディスプレイOFFボタンも搭載し、音楽だけ楽しむときにも便利

  • VAIO 「type L」 15.4型ワイドモデルの詳細情報・購入情報はこちら icon

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]