業界最小22型フルHD液晶テレビが登場--PCモニタ利用も考慮した「AQUOS」Pシリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは10月29日、業界初の22型、26型フルHD液晶テレビを含む、「AQUOS Pシリーズ」3機種を11月22日より発売すると発表した。価格はオープン。

 AQUOS Pシリーズは、22型、26型、32型の3サイズを用意。全サイズともに1920×1080ドットのフルHDパネルを採用していること特徴だ。従来、フルHDパネルを採用した液晶テレビは32型が最小サイズだったが、今回の22型モデルで最小サイズが引き下げられたことになる。

 高精細なフルHDパネルの採用により、テレビ用途だけでなくPCモニタとしての機能も備える。DVI-D端子、ミニD-sub15ピンなどPC入力端子を搭載しているほか、スタンド部はキーボードの収納が可能なデザインとした。

 PC画面表示中に小さなテレビ画面が表示できる、PC、テレビの2画面機能やHDMI入力、i.LINK(TS)入力を2系統装備するなど、テレビ機能も充実。レコーダーやオーディオなど他のAQUOS機器と連携操作できる「AQUOSファミリンク」機能にも対応している。

 さらに、環境に配慮した部材の積極採用や長寿命設計、むだな電力を抑える省エネ機能搭載などにより、液晶テレビAQUOSならではの環境性能を実現した。

  • LC-32P1-W(32型 予想実勢価格:24万円前後)
  • LC-26P1-W(26型 予想実勢価格:20万円前後)
  • LC-22P1-W(22型 予想実勢価格:18万円前後)
AQUOS Pシリーズ シャープ「AQUOS」Pシリーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加