logo

サンディスク、フラッシュメモリメーカー25社を特許侵害で提訴

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉2007年10月26日 20時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フラッシュメモリメーカーのSanDiskが、リムーバブルフラッシュストレージ機器の特許侵害で25社を訴えた。

 SanDiskは米国時間10月24日夜、ウィスコンシン州の米連邦地方裁判所と米国際貿易委員会(ITC)に提訴した。連邦地裁には損害賠償命令と恒久的差し止め命令を、ITCには製品の輸入を差し止める命令をそれぞれ求めている。

 訴えられたのは、ACP-EP Memory、A-Data、Apacer、Behavior Computer、バッファロー、Chipsbank、Corsair Memory、Dane-Elec、Edge、Imation/Memorex、Interactive Media、Kaser、Kingston、LG Electronics、Phison Electronics、PNY、PQI、Silicon Motion、Skymedi、Transcend、TSR、USBest、Verbatim、Welldone Company、Zotek/Zodataの25社。

 SanDiskは、フラッシュストレージ機器の技術をすでにライセンス供与している企業にとって「公正」となるよう、特許権の順守を求めていくと述べた。「目標は、被告側企業に当社の特許ライセンスプログラムに参加する機会を提供して、この問題を解決することだ」と、SanDiskの知的財産担当主任弁護士、E. Earle Thompson氏は声明の中で述べた。もし25社が承諾せず、当該特許のライセンス料をSanDiskに支払わない場合は、損害賠償と被告側企業の製品の輸入差し止め命令を「積極的に求め続ける」と、Thompson氏は約束している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集