logo

富士通、携帯電話の製造・修理部門を会社分割し新会社設立

井上真花(マイカ)2007年10月26日 20時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は、携帯電話ビジネスの製造・修理部門を会社分割し、新たに「富士通モバイルフォンプロダクツ」を設立することを10月25日の取締役会において決定したと発表した。

 富士通は、1991年の「ムーバF」発売して以来、携帯電話の開発および製造を行ってきた。モバイルフォン事業本部の生産部、製造統括部、カスタマーサービスセンターを新会社に移し、関係会社の製造修理部門と統合させることで、業務プロセスを簡素化し、製造・修理のスピードアップを図っていくという。

 富士通モバイルフォンプロダクツの設立は、2008年1月4日を予定している。代表取締役社長は中本誠氏で、資本金は1億円。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]