logo

リアルネットワークス、Windows版「RealPlayer」のセキュリティパッチをリリース

文:Robert Vamosi(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2007年10月23日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハッカーに悪用されているセキュリティホールに対処するために、RealNetworksは「RealOne Player」のWindows版であるRealOne Playerバージョン2、RealPlayer 10.5およびRealPlayer 11ベータ版に対応するセキュリティ修正をリリースした。Windows版のRealPlayer 8およびRealNetworksの以前のバージョンには脆弱性はない。また、Linux版とMacintosh版のRealPlayerも影響を受けない。

 この攻撃はRealPlayerによってインストールされたActiveXオブジェクトをターゲットとし、このオブジェクトが「Internet Explorer」ブラウザと対話する方法に影響を与える。

 対象となるユーザーはRealPlayer 10.5またはRealPlayer 11ベータ版にアップグレードした上で、最新のパッチをインストールする必要がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集