iPhoneの「ロック解除対抗」アップデートに、ハッカーが反撃

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:藤原聡美、高森郁哉2007年10月12日 19時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「iPhone」でソフトウェアアップデートを実行した結果、他社製アプリケーションが利用できなくなる、ロック解除されたiPhoneが使用不能になるといった事態が発生してから2週間が過ぎたが、ハッカーたちは反撃に出ている。

 ブログ「The Unofficial Apple Weblog(TUAW)」は、「iPhone Dev Team」による最新のハッキングの詳細を掲載した。このハッキングをiPhoneに適用すると、他社製アプリケーションやAT&T以外のGSMネットワークを再び利用可能になる。これは、少し前に投稿されたTIFF形式の画像ファイルの脆弱性を利用するiPhoneのハッキングに比べ、より本質的な取り組みのように思われる。これに対処するパッチはすぐに公開されるに違いない。

 ソフトウェアアップデートを実行して「OS X 1.1.1」をインストールしたiPhoneユーザーは、最新のハッキングにより、以前の「OS X 1.0.2」に戻し、他社製アプリケーションを利用できる状態にしてから、電話を使用不能にすることなく再度1.1.1にアップデートできる。TUAWと「iPhone Atlas」はこの方法をテストし、有効に機能することを確認している。ただし、適用するには、iPhoneのコマンドラインインターフェースに関する一定量の知識が必要になる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加