アップル、MacBook Pro向け「MagSafe」を改良か?

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年10月10日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「MacBook Pro」ユーザーは明らかに、バッテリおよび電源で問題があると感じているようだ。

 AppleInsiderの報道によると、アダプタのコードが裂けると繰り返し報告されたことを受け、AppleはMacBook Pro用に最新の85W「MagSafe」アダプタを発表するという。MagSafeが発売されたとき、電源コードが吸着型であることから、負荷を受けるとコードがコンピュータから外れるというアイデアを多くのユーザーは評価した。これなら、混み合ったカフェで誰かが電源コードにつまずいたために、ノートPCがひっかかって落ちた、などということがない。

 だが、電源コードが柔らかいために、繰り返し使用するとコネクタとの接合部でコードが裂けるという問題につながった。この数カ月間、MagSafeから煙が発生した、場合によってはスパークしたなどの報告が相次いでいる。このように問題があったユーザーのうち、数人は丈夫なコードを利用したアダプタを受け取ったと報告している。これが、Appleが今回MacBook Proユーザー全員に出荷するアダプタかもしれない。

 あるCNET News.comの読者は、先週Apple小売店で85WのMagSafeアダプタをなかなか見つけられなかったと報告している。Apple Storeオンラインをチェックしたところ、MacBook Pro向けの85Wアダプタの出荷は2〜3週間遅れ、と書かれている。Appleの関係者に電子メールでコメントを求めたが、現時点では応じていない。

 これ以外のMacBook Proニュースとしては、先週のバッテリアップデート(6カ月前の4月に行ったものと同様のアップデート)にユーザーは満足しなかったようだ。Appleのサポートディスカッションフォーラムに、そのようなコメントがあがっている。自動的にシャットダウンされてしまうこと、そして、アップデートのインストール後にバッテリ容量が少なくなってしまうことについて、多くのスレッドで不満が述べられている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加