logo

16種類から選べて作れる--パイオニア、インナーイヤーヘッドフォン「CLX」シリーズ

エースラッシュ2007年10月05日 19時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東北パイオニアは10月5日、カスタマイズできるフラッグシップモデルのインナーイヤーヘッドフォン「CLX」シリーズおよび、スタイルで選べる「SE-CL21」シリーズを11月下旬より発売すると発表した。

 今回発売されるのは、業界初のカスタマイズ機能を備えたフラッグシップモデル「SE-CLX9」と「SE-CLX7」、スタイルで選べる「SE-CL21M」「SE-CL21W」「SE-CL21U」で、合計2シリーズ5モデルのラインアップとなる。

 CLXシリーズにはバランスドアーマチュアユニットを搭載しており、クリアで高精細な音楽再生が可能。さらに、各4種類のイヤホンチップとイヤーホルダーを組み合わせ、耳のサイズと形に合う16通りの装着パターンが選べる新開発の「3次元形状フィッティング構造」を採用し、高い遮音性と装着安定性を実現している。また、SE-CLX9では5種類のノズル交換により、好みの音質に変えられるのも特徴だ。

SE-CLX9 パイオニア「SE-CLX9」

 SE-CL21シリーズは、スクエア形状でメタルの素材感が特徴のSE-CL21M、エレガントなラインでパールの素材感とメタルのコンビネーションが特長のSE-CL21W、スマートなラインと高輝度メタリック素材が特徴のSE-CL21U。

 それぞれ3種類のカラーバリエーションが用意されており、好みやスタイルに応じて自由に選ぶことができる。3サイズ(S、M、L 各2個)の軟質ラバーイヤホンチップに加え、0.7mの延長コードも付属する。

 希望小売価格はSE-CLX9が2万2000円、SE-CLX7が1万2500円、SE-CL21シリーズは3モデルともに2500円となっている。

-PR-企画特集