ラウンドアップ:Adobe Max 2007がChicagoで開幕--新しいRIA開発環境発表

ZDNet Japan編集部2007年10月03日 09時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ ラウンドアップ ]

10月1日、米イリノイ州シカゴでAdobe MAX 2007が開幕した。米国でも最大規模といわれるMacCormickホールが使われ非常に大規模なものとなっている。今回注目されるキーワードとしてはAIR(Adobe Integrated Runtime)、LiveCycle、Flex、そして新しいRich Internet Application(RIA)開発環境の発表も噂されている。また、NTT Docomoも採用するFlash Liteの新バージョンも発表される。
  • アドビのAIR、今後デスクトップアプリケーション開発の主流になるか

    アドビのAIRはウェブアプリケーションをデスクトップで動作させるための実行環境だ。当初はメディア関連のアプリケーションが主流になると思われたが、ビジネスアプリケーションの開発も意外に早く進んでいる。

    2007/10/03 21:13

  • どうしてThermoがすごいのか?:Adobe Max 2007より

    米シカゴで開催中のAdobe Max 2007において、Adobe Systemsの新しいRIA開発ツール"Thermo"が披露された。Photoshopなどで作成した画像からRIAのユーザーインターフェース(UI)を作成するものだ。生成されるアプリケーションはFlexアプリケーションとなるが、Flexのコードを書く必要はない。デザイナーでもFlexアプリケーションが作れるというふれこみのThermo、本稿ではThermoがRIA開発に与えるインパクトを説明する。

    2007/10/04 04:27

  • いよいよ見えてきたAIRのビジネス展開

    2007年、Adobe Systemsにとって最もホットなキーワードといえばAIR。Adobe Max 2007では、AIRの技術的な側面だけでなく対象マーケットも含めた世界が提示された。

    2007/10/02 22:46

  • Buzzword獲得の意味:Adobe Max 2007より

    シカゴで開催されているAdobe Max 2007のオープニングキーノートにおいて、Adobe Systemsはオンラインでのドキュメント・コラボレーション・サービスへの取り組みを強力に進める発表を行った。Virtual Ubiquityの買収による「Buzzword」の獲得だ。

    2007/10/02 21:46

  • アドビ、Buzzwordの買収など複数のプロジェクトを発表--Max 2007で

    アドビは米国時間10月1日に開催された開発者向けカンファレンスで、複数の技術プロジェクトの詳細を発表するとともに、オンラインのサービスや広告から売り上げを得るモデルについても明らかにした。

    2007/10/02 19:51

  • Adobe Max 2007がChicagoで開幕--新しいRIA開発環境発表へ

    1日、米イリノイ州シカゴでAdobe MAX 2007が開幕した。米国でも最大規模といわれるMacCormickホールが使われ非常に大規模なものとなっている。

    2007/10/02 00:18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加