logo

DIGAは4倍長時間録画--松下、Blu-ray含むレコーダーラインアップを一新

エースラッシュ 加納恵(編集部) 写真:津島隆雄2007年10月02日 20時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は10月2日、ハイビジョンレコーダー「DIGA」の新ラインアップ6機種を11月1日に発売すると発表した。

 今回発売されるのは、HDD搭載ハイビジョンBlu-rayレコーダー「ブルーレイDIGA」が「DMR-BW900」「DMR-BW800」「DMR-BW700」の3機種、HDD搭載ハイビジョンDVDレコーダー「ハイビジョンDIGA」がHDD内蔵タイプの「DMR-XW300」と「DMR-XW100」、VHS一体型の「DMR-XW200V」で、合計6機種のラインアップとなる。

 新世代システムLSI「UniPhier(ユニフィエ)」とMPEG-4 AVC/H.264エンコーダーにより、フルHD画質のまま従来比4倍の長時間録画を実現。これにより、50GバイトのBlu-rayディスクに約18時間、1TバイトのHDDに約381時間のフルHD録画が可能となっている。

DMR-BW900 パナソニック「ブルーレイDIGA DMR-BW900」

 ブルーレイDIGAモデルは、業界初のBD-R4倍速ドライブを搭載し、ダビング速度を向上。高さ59mmの薄型ボディ、初心者にも使いやすい「新かんたんリモコン」、リモコン1つでテレビやシアター機器を操作できる「VIERA Link」、フルHD映像をそのままDVDに記録できる「ハイビジョンムービー連携」、留守中の来客を動画で録画できる「ドアホン連携」なども特徴だ。また、EPGは高精細表示で見やすい「フルハイビジョン番組表」を採用している。

DMR-XW300 パナソニック「ハイビジョンDIGA DMR-XW300」

 ハイビジョンDIGAモデルは、「VIERA Link」、「ドアホン連携」などの連携機能を装備する。

 両シリーズともに地上、BS、110度CSデジタルチューナーを2系統、地上アナログチューナーを1系統備え、デジタル放送の2番組同時録画に対応。また、パナソニックブランドのHDムービーで撮影したHD映像の再生、保存に対応し、フルHD画質のままHDD、Blu-rayディスク、DVDに保存できる「ハイビジョンムービー連携」機能を搭載する。

●ブルーレイDIGA

  • DMR-BW900(HDD:1Tバイト 予想実勢価格:30万円前後)
  • DMR-BW800(HDD:500Gバイト 予想実勢価格:23万円前後)
  • DMR-BW700(HDD:250Gバイト 予想実勢価格:18万円前後)

●ハイビジョンDIGA

  • DMR-XW300(HDD:500Gバイト 予想実勢価格:13万円前後)
  • DMR-XW100(HDD:250Gバイト 予想実勢価格:10万円前後)
  • DMR-XW200V(HDD:250Gバイト、VHS内蔵 予想実勢価格:13万円前後)

-PR-企画特集