リアル5.1chサラウンド--ヤマハ、シアターラックシステムに新製品

加納恵(編集部)2007年09月28日 21時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは9月28日、デジタルサウンドプロジェクターをAVラックに収めたシアターラックシステムに新製品を発表した。

 デジタルサウンドプロジェクターは、1ボディの中に小型スピーカーを複数内蔵し、リアル5.1chサラウンドを再生できる。

 シアターラックシステムは、AVラックとデジタルサウンドプロジェクターを一体化させることにより、設置性を向上させた。

 ラインアップは、最大52型の薄型テレビにまで対応し、天板にピアノ塗装を施した「YSP-LCP4000」、ローボード化を図り天板に強化ガラスを採用した「YSP-LCW1100」、台形デザインでコーナー設置に優れる「YSP-LCW900」の全3機種となる。

YSP-LCP4000 ヤマハ「YSP-LCP4000」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加