おサイフケータイでコカ・コーラが買える「Club Cmode」会員が100万人突破

松田真理(マイカ)2007年09月19日 19時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コカ・コーラ、NTTドコモ、伊藤忠商事は9月18日、3社が推進する「Cmodeサービス」の会員数が9月13日より100万人を突破したことを発表した。

 Cmodeサービスは、携帯電話とCmode対応自動販売機を連携させた会員制サービス。利用に応じたポイントプログラムや各種キャンペーンをClub Cmode会員に提供している。8月6日には、Cmode対応自動販売機(シーモ)の設置台数が2万台を突破した。

 自動販売機のキャッシュレス化の取り組みとして、独自のプリペイド式電子マネー「Cmodeマネー」による決済に加え、2006年10月より後払い電子マネー「iD」による決済にも対応。今後も顧客のニーズを踏まえ、さまざまな電子マネーへの対応について検討する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加