logo

マイクロソフト、Windows Server 2008に対応した新資格を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月13日、IT技術者を対象としたマイクロソフト認定資格プログラム(MCP)で、同社の次期サーバーオペレーティングシステム「Windows Server 2008」に対応した資格を新たに設定すると発表した。これにともない、日本語試験と対応トレーニングを10月から順次提供する。

 Windows Server 2008に対応する資格は、「技術・製品に関する知識」を評価するMCTS(マイクロソフト認定テクノロジースペシャリスト)と、上位資格「特定の職務を遂行する能力」を評価するMCITP(マイクロソフト認定ITプロフェショナル)の2つの資格に加えて、5つの専門性で構成。また、従来の資格であるWidows Server 2003の「MCSA(マイクロソフト認定システムアドミニストレータ)」と「MCSE(マイクロソフト認定システムエンジニア)」取得者に対しては、特定のMCTSへの専用アップグレードパスを用意する。

 Windows Server 2008対応トレーニングは7種類の主要な導入シナリオを学習するために、それぞれのシナリオに対応するIT技術者向けハンズオントレーニングを認定トレーニングパートナー(CPLS)を通して提供する。

 トレーニングコースは、「Windows Server 2008におけるアプリケーションアクセス集中管理の概要」「Windows Server 2008における支社管理の概要」「Windows Server 2008におけるセキュリティおよびポリシー制御の概要」「Windows Server 2008におけるサーバー管理の概要」「Windows Server 2008における Web およびアプリケーション プラットフォームのテクノロジーの概要」「Windows Server 2008におけるサーバーの仮想化の概要」「Windows Server 2008における高可用性の概要」。

 なお、マイクロソフト製品に関する資格取得を支援するため、「マイクロソフト資格取得アタックキャンペーン」を9月15日から08年1月31日まで行う。キャンペーンに事前登録すると、受験結果が万が一不合格の場合でも、同一試験に限り2回目の受験料が無料となる。

-PR-企画特集