logo

スカイプをターゲットとしたワームが出現

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年09月12日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「MSN Messenger」や「AOL IM」「Yahoo Messenger」をターゲットにしたワームが過去にも出現したように、今度は「Skype IM」ユーザーをターゲットにしたワームが登場した。「Skipi.a」(Skypeでは「Ramex.a」と呼び、McAfeeでは「Pykspa.a」と呼ぶ)にPCが感染すると、ウイルスは感染したマシンのSkypeに登録されているコンタクトリスト上の別のユーザーにライブリンクを張ったメッセージを送信する。メッセージ内のJPEG画像へのリンクが、SCR拡張子の付いたファイルへのダウンロードリンクになっている。メッセージ受信者がこのリンクをクリックすると、ウイルスに感染する恐れがある。

 このワームはコンピュータにインストールされると、セキュリティソフトウェアのアップデート機能を不能にするため、偽りのエントリを感染したコンピュータのHOSTSファイルに挿入する。このワームはまた、Skypeと連携可能なプログラムのリストにアプリーケーションを追加する可能性もある。さらに、インストールされるプログラムの1つには、感染したマシンから秘密情報を盗み取ろうとするものもある。

 Skypeは、メッセージの中に含まれるリンクをクリックするときは、警戒するようユーザーに呼びかけている。大部分のアンチウイルスプログラムは間もなく、Skypeユーザーをこのウイルスの感染から防ぐことができるようになるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集