logo

MySQL、「MySQL」認定資格試験を日本語で実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MySQL(ラリー・ステフォニック代表取締役)は9月11日、日本語による「MySQL」認定資格試験を9月25日から開始すると発表した。MySQL社が英語以外で認定資格試験を提供するのは、日本語が初めて。

 「MySQL」認定資格は、オープンソースデータベースソフト「MySQL」の開発者やDBA(データベース管理者)が、「MySQL」サーバーを運用する知識・経験・スキルを持っていることを証明するもの。「MySQL 5.0」開発者認定資格および「MySQL 5.0 DBA」認定資格を取得するための試験を日本語で行う。

 試験は、バックエンドストレージとして「MySQL 5.0」を使うアプリケーションの開発者を対象とした「MySQL 開発者認定資格」、「MySQL」サーバーに対しデータレイアウトの調整・プラニング・最適化を行うデータベース管理者を対象とした「MySQL DBA試験」の2種類。

 「MySQL 開発者認定資格」では「003-002 MySQL 5.0 開発者認定試験 パート1」「004-002 MySQL 5.0 開発者認定試験 パート2」の2試験、「MySQL DBA試験」では「005-002 MySQL 5.0 DBA認定試験 パート1」「006-002 MySQL 5.0 DBA認定試験 パート2」の2試験に合格することが条件となる。対象の2試験に合格した受験者には、認定書のほか「MySQL」認定資格保持者だけが使用できるMySQLロゴについての説明書を添付した「MySQL認定資格パッケージ」を8週間以内に郵送する。

 試験は、全国120以上の「Pearson VUEテストセンター」試験センターで実施。4試験とも試験時間は90分、問題数は70問(多項選択式)で、60−70%の正解率が合格ラインの目安となる。各試験とも受験料は2万6250円。なお、受験の申し込みは「Pearson VUE」のウェブサイトで受け付ける。

MySQL=http://www-jp.mysql.com/
「MySQL認定資格」=http://www-jp.mysql.com/certification/
「Pearson VUE」=http://www.vue.com/japan/

-PR-企画特集