logo

iPhoneの購入意欲者は「30〜40代男性・iPod所有者」が多い--ライブドア調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブドアは9月11日、同社のリサーチ事業「BizMarketing サーベイ」がグルーヴプロモーションと共同で実施した「iPhoneに関するアンケート調査」の結果をまとめ、発表した。

 調査によれば、iPhoneは、30〜40代男性に購入意欲者が多いことが分かった。また、購入意欲者の過半数以上がiPodユーザーだった。

 iPhoneの魅力については、「タッチスクリーンでの操作」「音楽機能」「デザイン」「アップルというブランド」の順に回答が多かった。iPhone購入意欲者は、アップル製品のヘビーユーザーが多いとみられる。

 また、iPhone購入意欲者層が携帯電話選択の際に重視する事項は、「デザイン」が74.3%で、最も高い結果となった。

 BizMarketing サーベイでは、国内でのiPhoneの販売台数を約258万台と予想している。

 調査は7月20〜23日に、livedoorリサーチのアンケートモニターを対象に、BizMarketingサーベイによるインターネットリサーチによって実施された。有効回答数は711件(男性55.8%、女性44.2%)。

-PR-企画特集