踊るエンターテインメントプレーヤー、ソニー「Rolly」が登場

加納恵(編集部)2007年09月10日 18時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月10日、サウンドエンターテインメントプレーヤーと名付けた新デジタルオーディオ「Rolly SEP-10BT」を発表した。発売は9月29日より。価格はオープン、実勢予想価格は4万円前後となる見込みだ。

 Rollyは手のひらサイズのデジタルオーディオプレーヤーで、卵形の本体の左右にステレオスピーカーを配置、本体内には1Gバイトのフラッシュメモリー、バッテリー、Bluetooth機能を内蔵する。

 ディスプレイを持たず、直感的に操作できることが特長で、本体には電源オン、オフなど最低限のボタンのみを装備。テーブルに置いた状態でRollyを前後に動かすことで、曲送り、頭出し、グループ移動が行えるほか、全体をくるりと回すことで、音量の調整が行える。

 さらに、手に持った状態でも同様の操作が可能だ。Rollyを片手に持つと自動的に下部のスピーカーが閉じられ、上のリングで曲選択が、下のリングで音量調整ができるようになる。

 もう1つ大きな特長となるのが、音楽に合わせて自在に動き回る「モーション」機能だ。Rolly自体が音楽を解析する「セルフモーション」のほか、同梱のPCソフト「Motion Editor」による「おまかせオートモーション」、自由にモーションをカスタマイズできる「カスタムモーション」と3タイプを備える。「カスタムモーション」で作成したモーションは、「Rollyモーションパーク」(近日開設予定)を通じて他のユーザーとシェアすることも可能だ。

 内蔵のBluetooth機能は、対応のPC、携帯電話、デジタルオーディオプレーヤーなどの音楽データ再生に対応。Rolly独自の直感的インターフェイスで操作できる。

 
説明 手に持った状態での操作。上のリングで曲選択が、下のリングで音量調整が可能(左)。机上で操作する際は本体をクルリと回転させることで、音量調整が可能。その後、自動的にリスニング位置に戻る
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加