logo

ニフティ、コンテンツやコミュニティサービスの利用拡大を目指し、会員サービスのアカウントを統合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは9月5日、同社が提供するデジタルコンテンツやコミュニティサービスの利用拡大を目的として、26日に会員制度を統合すると発表した。

 今回の統合により、従来、利用形態ごとに「@nifty会員」「@niftyID登録ユーザー」「PLEASY(プリージー)利用者」に分かれていた同社サービス利用者の呼称を、「@nifty会員」に統合する。

 現在、@niftyIDやPLEASYユーザーIDを利用しているユーザーは、統合後もそれぞれのIDやパスワードを変更することなく、従来通り@niftyのサービスを利用できる。さらに、いままで利用できなかったより多くの@niftyサービスも、追加の費用負担なしに利用できるようになる。

 また、@nifty以外のインターネット接続サービスのユーザーも、統合後は簡単な登録手続で@niftyIDが取得でき、同社のデジタルコンテンツやコミュニティサービスが利用できるようになるとしている。

-PR-企画特集