logo

ソニー、光学10倍ズームレンズ搭載のデジタルカメラ「サイバーショット DSC-H3」を発売

エースラッシュ2007年09月04日 20時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月4日、大口径カールツァイス「バリオ・テッサー」10倍ズームレンズ搭載のデジタルカメラ「サイバーショット DSC-H3」を、9月14日より発売すると発表した。

 今回発売されるDSC-H3は、W106.0×H68.5×D47.5mm、本体のみの重量約264gというコンパクト設計のボディに、新開発の大口径カールツァイス「バリオ・テッサー」10倍ズームレンズ(35mmフィルム換算38-380mm)を搭載。

 16:9モードでHDスマートズームを併用すると最大約17倍(35mmフィルム換算646mm相当)の望遠撮影が、さらに画質サイズをVGAに設定しスマートズームを使用すれば最大約51倍(35mmフィルム換算1938mm相当)の高倍率撮影が可能となっている。

 そのほか、人物の顔を美しく撮れる顔検出機能「顔キメ」、動きの早い被写体の撮影に適した「アドバンストスポーツ撮影モード」、ISO3200設定時に最大14mの到達距離を実現した大光量フラッシュ、光学式手ブレ補正と高感度ISO3200によるブレ軽減機能なども特徴だ。

 撮像素子は有効810万画素の1/2.5型SuperHAD CCDで、本体カラーについてはブラックとシルバーの2種類。

 記録媒体は内蔵メモリが約31Mバイトで、メモリースティック デュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックPRO-HGデュオに対応する。なお、市場推定価格は4万円前後になるという。

DSC-H3 ソニー「DSC-H3」

-PR-企画特集