logo

ソニー、笑顔を検出し自動的にシャッターを切るデジタルカメラ2機種を発売

エースラッシュ2007年09月04日 20時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月4日、人物の笑顔を自動検出する「スマイルシャッター」搭載の薄型デジタルカメラ2機種を、9月21日より発売開始すると発表した。

 今回発売されるのは、有効画素数810万画素のCCDを備えたサイバーショット「DSC-T200」と「DSC-T70」の2機種。どちらも、人物の笑顔を検出して自動的にシャッターが切れる「スマイルシャッター」を搭載し、自然な笑顔を逃さずに撮影することが可能となっている。

DSC-T200とDSC-T70 ソニー「DSC-T200」(上)と「DSC-T70」(下)

 また、サイバーショットとして初となる16:9のワイド「クリアフォト液晶プラス」を採用しているのも特徴。DSC-T200は3.5型、DSC-T70は3.0型と表示が見やすいだけでなく、新タッチパネルにより初心者でも安心の操作性を実現している。そのほか、独自の顔検出機能「顔キメ」、光学式手ブレ補正と高感度ISO3200によるブレ軽減機能、カメラ本体で画像加工ができる「カメラ内レタッチ」への新エフェクト追加なども特徴だ。

 光学ズーム機能はDSC-T200が光学5倍で、DSC-T70が光学3倍。記録媒体はいずれも内蔵メモリが約31Mバイトで、メモリースティック デュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックPRO-HGデュオに対応する。

 本体カラーについてはDSC-T200がシルバー、ブラック、レッドの3種類で、DSC-T70がシルバー、ブラック、ホワイト、ピンクの4種類だ。なお、市場推定価格はDSC-T200が4万8000円前後、DSC-T70が4万前後となっている。

-PR-企画特集