技術者の枠にとらわれないオプト流の事業開発現場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット広告の新サービスを生み出す

 2006年度のインターネット広告の市場規模は約3600億円(電通調べ)。数年前と比べ徐々に落ち着いてきているとはいえ、年間成長率は依然として25%前後の高い水準を維持しており、2007年度には4500億円規模に達する見通しだ。

 そんな伸長著しい業界にあって、市場の成長率を凌駕するペースで発展を続けているのが、2004年2月にジャスダック上場を果たしたオプトだ。インターネット広告専業代理店としては、ネット広告取扱高業界トップクラス。2006年にYahoo!JAPAN 優秀代理店賞を23期連続受賞した実績を誇る「eマーケティングカンパニー」である。

 また同社は、広告代理に限らず、効果測定システム「アドプラン」に代表されるテクノロジー事業のほか、ソリューションおよびコンテンツ事業など、ネット上のビジネス全般をサポートする幅広いサービスを手がけており、新規事業開拓にも積極的だ。同社事業戦略本部に所属するエンジニア、佐藤康智氏も、コンテンツ配信に関する新規プラットフォーム事業に携わっているひとりだ。

佐藤氏.jpg事業戦略本部の佐藤康智氏

 「2007年6月に立ち上がったばかりですが、金額的に大きなプロジェクトであるだけでなく、プロジェクトマネージャーという立場で中心的に関わっているので、これまでの人生で最も印象的な仕事になる。そういう期待感を持っています」

 佐藤氏は現在30歳。ISPでネットワークエンジニアとしての経験を積んだ後、2006年9月にオプトへ転職した。入社後、プロダクト開発部へ配属され、「アドプラン」の運用・保守を担当。新規プロジェクト開始にあわせ、事業戦略本部への転属希望を出したという。転職先にオプトを選んだ理由について、佐藤氏はこう述べる。

 「30歳を目前にして、ネットワークエンジニアとしてこのままやっていくのか、あるいは上流工程を目指すのか、という岐路に立ち、後者を選んだんです。プログラム開発やネットワーク・サーバ運用を担当するのは、20代ならともかく、それ以降は体力的にも厳しい。3日徹夜などもザラですからね。それに、私のようにエンジニア経験をある程度積んでいて、上流工程を目指す人間にとって、サービス全体に自分の意見を反映させることができるオプトは魅力的でした」

 「本音をいうと」と佐藤氏は続けた。給料面で比べると、より良い条件の会社は他にもあるし、エンジニアとして技術を磨き続けてきた人にとって、広告代理店のイメージの強いオプトは転職先としての視野に入りにくい。しかし、「だからこそチャンスは大きいと思ったんです。大企業と比べ、与えられる権限は圧倒的に大きいし、技術側の人間としてやれることの幅は段違いです。チャレンジしたいことのある人、攻め続けたい人の欲求に応えるだけの土俵が、オプトには確実にある。お金はあとからついてくるんじゃないでしょうか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加